ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三者懇談会~進路問題~

今日は長女の三者懇談会。
割り当てられた時間は午前10時から30分間。なので、5分前には教室の前にスタンバイOK♪
だけど・・・午前9時30分からの△田さんの三者懇談が、なかなか終わらない(>_<)
長女は高校3年生なので、当然、話の中心は進路問題。
だから三者の意見がスンナリとまとまらない場合は・・・多少の時間オーバーは仕方ないよね(^_^;)
まぁ5分程度のズレコミならば許容範囲と・・・おおらかな気分で待ちましょう(~_~;)
でもね。15分も時間オーバーすると、さすがに待つのが苦痛になってくる(^_^メ)
私と長女はまだしも・・・今日は旦那も一緒。
三者って担任教諭+生徒+保護者の懇談会。保護者は必ずしも両親が揃わなくても良い訳だけど、可能なら両親揃って参加すべきだと、私は思っている。
保護者って母親だけじゃないでしょ?父親も育児や学校の事は母親任せにせず、もっと子供の事に関わらないとダメだよ!自分の子供の事なんだからさ♪
幸い、旦那は土曜日は仕事が休みだからね。三者懇談会が土曜日にセッティングされたのは・・・父親も懇談会に参加しなさいって神様の計らいかも~!?
な~んて、事前に希望の日時を申告したのは私なんだけど(^^ゞ
面と向かって父親とは話したがらない年頃の娘も、三者懇談会という場でなら素直に父親の意見に耳を傾けるんじゃないかな~♪
そんなこんなで・・・無理矢理に引っ張ってきた旦那。待ち時間の経過とともに段々と苛々落ち着かなくなる(-_-;)
一見"おっとりのんびり気長に構えている"ように見える旦那は、実は"待たされるのが大嫌い"なのだ(/_;)
それも予め決まっている筈の約束の時間・・・本来なら待たなくても良い筈の時間・・・を待たされるのは、旦那にとっては納得出来ないことらしい(-_-#)
「いつまで話せば気が済むんじゃ!とっとと終わらんかい!!後に待つ人が居るのにダラダラと、一体何考えとるんじゃ!!!」
うわ~!これ以上待たされたら・・・ヤバイかも!?・・・って限界ギリギリのところで△田さん親子が教室から出て来ました。
20分近く遅れて、やっと我が家の番です。
まず成績表を渡されました。あまり優秀とは言えない。否、むしろかなりダメダメな厳しい数字が並んでいます(~_~;)
長女が事前に提出している進路希望調査票を見ながら「進路は就職希望、公務員試験を受けるということで・・・」とK教諭が言う。
長女が無言で小さく頷く。
いえ、長女は決して就職希望という訳では無いんですが・・・少なくとも就職に拘ってはいない・・・公務員試験受かれば公務員になろうかな~♪その程度の考えしか無いんじゃないかな~(・・?とは、思っていても言えない私(^_^;)
K教諭が続けて「勿論、公務員試験に合格すれば良いんですけど、毎年公務員試験は狭き門なので、不合格の場合にどうするか?それをお伺いしておきたいんですが、どのようにお考えですか?」
そんなに丁寧に仰らなくても、正直に公務員試験で合格する可能性はゼロに等しい!と仰って下さっても宜しいのに・・・。
少なくとも私は合格の可能性より不合格の可能性の方が高い事を知っているんですよ(^^ゞ
長女がボソボソと「何も考えてないです」と答えました。
そうなんです!コヤツは本当に何も考えていないんです!!自分が不合格になるとは露ほども考えていない!!!
自分は絶対に合格する筈だ!と、何故だか根拠の無い自信を持っている(/_;)
だから、何も考えてない=不合格の時のことなど考えられない=長女にとってはそういうことなんです。
これにはK教諭もすっかり頭を抱えちゃいました(>_<)
「不合格の時のことも考えておかないと・・・就職なら殆どは公務員試験の前に求人が有って試験が有って、公務員試験の後で探すとなるとハッキリ言って学校では責任持てません。公務員試験が不合格だった場合に普通の就職を探すのは非常に厳しいですが、お父さんお母さんはどのようにお考えですか?」
「就職はあまり考えていないです。出来れば進学させたいと思っているので・・・」旦那が答えた。
「あ~、進学ですか?そうですか!通常、公務員試験を受ける子達は不合格の場合は大学に進む選択をするんですよ。で、その場合、どちらの大学、どういう学部をお考えですか?」K教諭ちょっとだけ安堵したらしい。
「どこの大学ってことは考えてないんですが・・・基本的に進路は本人が決めることなので・・・ただ国語が得意みたいなので、文学部とか向いてるんじゃないかと思うんですが・・・」と旦那が答えた。
確かに長女は国語が得意だ!現代国語の成績は一年生の時からずっと10を貰っている(^_^)v
但し国語以外の学科は惨憺たる有様。特に数学と英語の成績は、有り得ない程に酷くて、とても書けない(/_;)
しかし、進学ということでK教諭からの説明は続く。
「短大の場合はですね。5割から7割が推薦で決定しますので、公務員試験の後で考えたのでは間に合わないと言うか、一般入試で臨む方が難しい訳ですが・・・」
『いえ、進学の場合は短大は考えておりません。進学するなら四年大学へと考えておりますので・・・。』
ぶっちゃけた話、私は長女が高卒で就職する事を希望してはいない。
18歳で社会に出す事には不安が有る。
大学生としての生活も経験して欲しい。
もっと勉強して欲しいし、サークル活動やバイトなども経験して欲しい。
学生生活から得るものは大きいと思う。
何事も経験してみないと分からないし、その経験が今後の人生に役立つ筈。
多分人生の中でも大学生活って特別な四年間だと思う。
父親として母親として長女の進路についてあれこれ考えてはいる。けれど、それをスンナリと受け入れるとは思えない。
親として最善と思う道が、長女にとって最善の道とは限らないから、押し付けるつもりも無い。
最終的には自分の進む道は、長女が自分で決めるしか無いと思う。
親として出来ることは・・・長女が決める道を・・・信じて見守るだけなのかも知れない。
ただね、いつかは必ず社会に出なければならないんだから、そんなに急いで社会に出なくても良いんじゃない!?大学生活を経験してから社会に出ても決して遅くは無いよ♪
まぁ公務員試験を受けたいなら、合格目指して・・・もぅ少し本気で・・・頑張らないとね(^_-)-☆

★今夜は外食★
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。