ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費、節約!?

長女が「病院に連れて行って欲しい」と言う。
IDDMは完治する病気じゃないし、インスリン注射をしないと生きていけないから、一ヶ月に一度の割合で定期的に通院している訳だけど・・・。
いつもは病院に行きたがらず、まぁ体調が安定していると病院なんて行きたくないのは当たり前かも知れない。
それに平日は病院の診察時間には通学してるので、体調が悪くない限りは学校を休んだり遅刻早退してまでの通院はしない。
だから、通院は学校が休みの土曜日と決めているんだけど、クラブだの友達と遊ぶ約束しただの長女は様々な用事を優先して通院は後回しにする(ー"ー )
長女だけに任せておくと6週間も通院しないままなんてことも有る(--メ)
インスリンが足りなくなるんじゃないの!?と不安になってしまうので、私はついつい『そろそろ病院へ行かないと・・・』と言って、長女に煙たがられてしまう(;^_^AA
そんな長女だから、自分から病院へ行くなんて言われると『あれっ!?今月は既に通院したのに・・・もしや体調が悪いの?』ってチョット焦る。
だって、月に二回通院することって、ましてや長女から自主的に通院するなんてことは、風邪をひいたりして体調を崩したりしない限り絶対に無い訳だし、そんなことは滅多に無いんだもん(ー_ーゞ
ところが長女の答えは「今日までは7月で明日は8月。だから今日行っておけば無料じゃん!」
はぁ!?なんですと???暫し長女の言うことの意味が理解出来ない私(p_-)ナンノコト!?
IDDM小児慢性特定疾患治療研究事業ということで医療費給付が有ります。以前は全額負担して貰っていたので無料でしたが、昨年から制度が変わり一部負担となりました。
所得税額に応じて負担額が違います。我が家は決して高額納税では有りませんが、最高ランクの一ヶ月5750円なのです。
一ヶ月5750円ってことは、7月分の医療費は既に前回の通院時に支払っているので今日7月31日に通院すれば無料ってことです。
明日8月1日に通院すると8月分の医療費を支払わなければなりません。
つまり7月31日に通院して、次回の通院を9月1日以降にすれば、8月分の医療費は支払わなくて良いってこと。医療費5750円の節約ねw(°o°)w おおっ!!
やっとこさで長女の言うことの意味を理解しました(☆゜o゜)ハッ トシテ d(>_・ )グッ!
長女、高校3年生・・・狡賢い・・・全く誰に似たんだか(/-\)
でもね。そうそう上手く事は運ばないものだから、きっと8月は体調崩して通院することになったりすると思うんだよね~f ^ ^ *)
とにもかくにも、20歳までは小児慢性特定疾患治療研究事業という制度のお陰で一ヶ月5750円です。
とても有難い制度だと思いますが、IDDMは決して完治しない一生付き合わなければならない病気です。
20歳過ぎて医療費が全額自己負担になると、一ヶ月の医療費が20000~30000円掛かるらしいです(;´д` ) トホホ
正直、20歳過ぎてからの医療費のことを思うと頭が痛いです。
だってIDDMは完治しない病気。インスリンが無いと生きていけない病気。
生きる為には毎月の医療費は絶対に支払わないといけないんだよね~┐( -"-)┌
生きてる限り毎月必要な出費が20000円として、年間240000円。平均年齢まで生きるとしたら80歳。60年間で14400000円(ゼロが多過ぎ!)
え~っと、約1500万円|||||||||||||凹[◎凸◎;]凹|||||||||||||ガビーン!
金額の多さに眩暈がします。下らない計算するんじゃなかったわ。は~~~ぁ、溜息ε~(;@_@)
これからの医学の進歩に、近い将来IDDMが完治する日が来ることに、期待しよう♪

★今夜のメニュー★
豚肉とナスの炒め物/豚肉・茄子・玉葱・ピーマン
こんにゃく麺
味噌汁/若布・卵・青葱
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。