ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日の金曜日

今日は13日の金曜日です。
キリスト教徒の多い国(所謂、英語圏の多くの国とドイツ、フランスなど)では不吉な日であると信じられている日のようです。
仏教徒の多い日本では「それが何!?」って感じなのですが・・・それでも13日の金曜日って何となく"嫌な感じ"がするのは「13日の金曜日」という題名のホラー映画の影響でしょうか(・・?
キリスト教徒にとって13日の金曜日が不吉とされるのは、イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日だったことに由来しているという説が一般的なようです。
が、この説は実は全然、正しくないのだそうです。
キリスト教では主の受難日を金曜日としているが、その日付は定まっていないのだそうです。
と言うのは、共観福音書からはその日は15日と読める。けれど、ヨハネによる福音書からは13日と読める。これじゃ、どっちが正しいのか???はっきり判らないですね。
そんな訳で、キリスト教の各派とも"その日"を確定していない(出来ない)ということです。
キリスト教の影響が強い国で有っても、イタリアでは不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日1が不吉だとされているってこと。
つまり13日の金曜日が不吉だとされるのは、英語圏とドイツやフランスなどに限られるってこと。
これらの国で13日の金曜日1が不吉とされる理由には、いくつもの説が有るらしいけど、そのいずれもが定かでないらしい。
13を不吉な数とするものと、金曜日を不吉とするものが独立して生じ、それらが合体したものであるという説が有力らしいけど・・・。
13日の金曜日を不吉とするようになったのは、19世紀になってからだとする説も有るらしい。だとしたら、案外"歴史"の浅い話だね。
13日の金曜日に関して、実しやかに囁かれている幾つかの説が有りますので、有名な説をご紹介しておきます。
※キリストの最後の晩餐に13人の人がいたことから、13は不吉な数とされた。
※キリストが金曜日に磔刑に処せられたとされていることから、13日の金曜日が不吉であるとされるようになった。
※イヴによるアダムの誘惑も大洪水からノアが脱出したのもバベルの塔が壊されたのも13日の金曜日だと言われる。但し、どちらの説も聖書にそのような記述はなく迷信の域を出ない。
※北欧神話では12人の神が祝宴を催していた時にロキが乱入して、招かれざる13番目の客は人気者のバルドルを殺してしまった。これはキリスト教以前の話なので、キリスト教とは無関係に13を不吉としている。
※魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが11人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいた。
※フィリップ4世がフランス全土においてテンプル騎士団のメンバーたちを一斉に逮捕したのが、1307年10月13日の金曜日だった。

などなど・・・まだまだ他にもたくさんのユニークな説が有ると思われますが・・・キリが無いのでコノ位にしておきます。
最後に面白い話を一つ。フランスでは13日の金曜日には宝くじの売り上げが急上昇するそうで"幸運な日"なのだそうですよ(^^♪
13日の金曜日は"不吉な日"と考えるより"幸運の日"って考えた方が、何となく気分が良くなるような気がする(*^。^*)
いつでもどこでもどんな時でもポジティブな発想って大事だよね(^_-)-☆

★今夜のメニュー★
カレーライス/豚肉・玉葱・人参・じゃが芋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます【2007/10/08 17:32】

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。