ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護者付きボランティア(◎o◯;)

今日、長女は広島もみじの会のクリスマス会の準備の為に広島市内へお出掛け。
広島もみじの会というのは、広島に住んでいるIDDMの患者会です。
もうお判りと思いますが、長女はIDDMです。
IDDMというのは、インスリン欠損症でⅠ型糖尿病と呼ばれる疾患のことです。
一般的に糖尿病として広く知られているⅡ型糖尿病とは、発症の原因も治療方法も全然異なっています。
Ⅰ型糖尿病は発病年齢が低い為、その為、小児糖尿病とも呼ばれています。
従って患者の多くは子供です。突然の発病に、当初は親も子も戸惑い迷い苦しみます。
でも、戸惑いながらも病気の事は必死で勉強して(何しろ必要に迫られているので、かなり本気で取り組まざるを得ないので)理解出来るようになります。
病気の事を理解出来れば、随分と気はラクになり楽観的思考になれます!!!
何しろ一度発病すると一生付き合っていかなければならない病気なのです。
どうせ付き合わないとならないのならば、いがみ合うより仲良く付き合った方が良いよね♪
但し、そうは言っても、周囲の人がみんな理解してくれている訳ではないので、日常のあらゆる場面で・・・それは本当に悪意の無い小さな行き違いというレベルの出来事ですが・・・凹む事は多々有ります。
Ⅰ型糖尿病の認知度は非常に低く、Ⅱ型糖尿病との混同から誤解や偏見を持たれ易いことは、患者とその家族にとってチョットつらいことです。
あら、説明が長くなり過ぎましたね(→o←;;; アチャ
広島もみじの会は、基本的に中学生未満の患者が中心で、それ以上の年齢になるとOB&OGとしての参加になります。
なので各種催しには患者としてではなく、ボランティアとしての参加となります。
ボランティアって奉仕の精神というか、思いやりとか優しさとか、そういうものが必要でしょ!?
長女は家の中では縦の物を横にもしない。自主的にしない。グータラ娘なのだ!!!
奉仕するより奉仕されたいタイプじゃないだろうか!?
絶対に奉仕の精神なんて無い筈だぞ!!!←母親の私ならキッパリ言える!!!
その長女が自主的にボランティアをすると言うなんて・・・それなりに成長してるのかな~(⌒▽⌒ゞ
患者として参加する至れり尽くせりのクリスマス会ではなく、ボランティアとして準備や進行などの"縁の下を支える"ことを経験して、それが長女にとってプラスになれば良いな~♪
しかし、しかし「広島まで一人で行くのは・・・お父さん、連れてって~」とは(w゜□゜)w
「おいおい・・・しょうがないな~」って喜んで(?)送迎を引き受ける旦那も旦那だけどヽ(ー_ー )ノ
ま~ったく、どこの世界に保護者付き添いでボランティアするヤツが居るんだよ!!!
ボランティアするなら親に頼るな(* ̄∀ ̄)"b" チッチッチッ

★今夜のメニュー★
コロッケ/冷凍食品
ミニお好み焼/餅・ちくわ・キャベツ・もやし・卵
味噌汁/豆腐・若芽・えのき茸・青葱
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。