ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中見舞い

昨年12月9日に旦那のお祖母様が亡くなり、その後バタバタ慌しく過ぎ・・・喪中欠礼の葉書を作って出さなくっちゃと気が付いた頃には、もぅ年賀状受付が始まっていた(~_~;)
世の中には年賀状の宛名書きをギリギリにするという私みたくズボラな性格の人ばかりでは無い(^^ゞ
当然ながら、既に宛名書きを完了して投函してしまった人も居る筈。
年賀状受付が始まるまでに喪中欠礼の葉書が届くようにするのが"大人の常識"ってものだろうと判ってはいるけど、1月や2月の訃報ならともかく、12月になってからの訃報の場合は、致し方無いって面も有るよね(・・?
しかし、だからと言って既に投函完了してしまった人に「喪中欠礼が遅れてごめんなさい」じゃ」済まないような気がする。
早々と投函完了する人は基本的に几帳面な訳だからもう出してしまったものはまぁ仕方ないよね~なんて思えないだろう。
むしろ年賀欠礼を頂いた人に年賀状を送ってしまって申し訳無いと思ってしまいそう。
そして、一旦差し出した年賀状の回収依頼を郵便局にお願いしたりしてしまいそうな気がする。
こちらの都合で、そんな煩わしい思いをさせる訳にはいかない!
だから、喪中欠礼は書かないことにしました・・・な~んて、いつもながら限りなく自己弁護が上手い私(^^ゞ・・・旦那は「そんなのは詭弁じゃ~!手抜きしてるだけじゃろ?」と言う(p_-)
ふふん!何とでも言ってくれ!
自分の友人知人への年賀状の達宛名書きを、全て私に任せて、ただの一枚も書かない旦那に、詭弁だの手抜きだのと言われたくないわ<(`^´)>
自分の友人知人関係の年賀状の宛名書きくらいしてよね!
まぁ、それなりの理由を捻り出して年賀欠礼の葉書を出さなかったので、当然ながら、何も知らない友人知人からはお正月に年賀状(但し、例年よりはう~んと少ない。それでも150通くらい)が届いた。
年賀状を頂いた方達には寒中見舞いで年賀状のお礼と年賀欠礼のお詫びを申し上げないとね。
hagaki.jpg
約150通の宛名書き・・・やっぱり書くのは私なんですよね・・・ちょっと手が疲れました(-_-;)

★今夜のメニュー★
ハムエッグフライ/冷凍食品
ポテトサラダ/ハム・ジャガイモ・人参・胡瓜
キャベツのゆかり和え/キャベツ・ゆかり
味噌汁/豆腐・白菜・えのき茸・青葱
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。