ぱんだのつぶやき
お気楽主婦が日々感じるアレコレを綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ足りない(>_<)

「ママ、ひとつ足りんのよ!」と、三女が言う。
『何が足りないの?』と訊くと・・・「こないだ買ったマンガの付録がひとつ足りない」のだと言う。
田舎のことなので、我が家から徒歩で行ける本屋は無い。
もっとも、三女が欲しがっている付録付月刊マンガ本は、徒歩7~8分で行けるスーパーの一角の本コーナーに発売日から数日遅れで並んでいる。
だから、いつも三女はスーパーで数日遅れで買っている。
先日、町まで出掛ける用事が有ったので三女を連れて行き、ついでに立ち寄ったショッピングセンターの中の本屋に既に並んでいるのを発見。
たまたま、その日が発売日だった訳だけど・・・三女にとっては、発売日から数日遅れることが当たり前だと思っていたから・・・今月号は発売日当日に買うことが出来てラッキーだと大喜びしていた!(^^)!
三女のお小遣いは一月500円+お手伝い賃(コチラは出来高制なので、毎月違います)今月は620円でした。
3月にお手伝い賃が欲しい一心で張り切ってお手伝いをしたので、お小遣いよりもお手伝い賃の方が多かった(^^♪
それに、ごくたまにお婆ちゃんからお小遣いを貰う(一回300~500円)ので、平均すると毎月1500円位が、三女の自由に使えるお金ってことね。
9歳だから、これで十分だと私は思っているけど、三女は「足りない」と思っているらしい(~_~メ)
使い道は主に付録付月刊マンガ本・・・りぼん・なかよし・ちゃお・・・どれか一冊だけ買っています。
どれにしようかな???と真剣に悩んで、一冊だけ選びます。
マンガを読みたい気持ちは、勿論、有るのでしょうが、それ以上に付録の方が魅力的なようでとか「りぼんの付録がカッコ良かった」とか「なかよしの付録がどうしても欲しかった」とか「ちゃおの付録が一番可愛かった」とか、こうなるとマンガと付録の主従が完全に逆転しちゃてますね(~_~;)
付録で選んだのに、その付録がひとつ足りないってことは、三女にとっては大問題らしい。
何から何まで満たされているつもりでも ひとつが足りなくて不幸せになっていくってことなのかぁ(・・?
まぁ、確かに足りないのは事実で、明らかに入れ忘れた本屋(もしくは出荷元)の責任な訳で、たまたま入れ忘れたのを買ってしまった三女には落ち度は無い訳で・・・。
三女の気持ちは分かるが、たったひとつ足りないだけで、町までお出掛けするのは面倒だ(-_-;)
何しろ買ったのは、ショッピングセンターの中の本屋なのだ。片道約30分・往復すると一時間掛かる。
たかが付録ひとつの為に、それだけの為に車を運転しなきゃならないなんてマジで勘弁してよ!って感じ(/_;)
しかし、洗濯してても「ひとつ足りない」掃除してても「ひとつ入ってなかった」って、三女の煩いこと<(`^´)>
あんまり煩いので、家事が一段落するのを待って本屋に電話をしました。
一通り状況を説明したら「レシートと現物を持って来て頂ければ交換します」とのこと。
レシートと現物を持った三女を助手席に乗せて、本屋へGOε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o
事前に電話をしていたのでちゃんと用意して待っていてくれて、その場で開けて付録をしっかり確認して交換終了。僅か1分足らず。
コレが三女が拘った今月の付録→furoku.jpgたかが付録。されど付録。
あ~ぁ、たった1分の為に、往復一時間かぁ・・・助手席の三女はニコニコだけど・・・運転席の私はひたすら疲れた┐('~`;)┌

★今夜のメニュー★
鶏のスパイス焼/鶏肉
大根と水菜のサラダ/カニ蒲鉾・大根・水菜・トマト
味噌汁/油揚げ・玉葱・南瓜・青葱
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ぱんだマム

Author:ぱんだマム
私はお気楽な専業主婦(主婦歴19年)
娘三人(大1・高2・小4)と旦那一人(^^ゞ
家事の中で一番大変なのが献立作り(>_<)
簡単で安くて旨いモノって(?_?)
毎日頭を悩ませながら頑張って作っています(^_^)v
「おいしー」って言葉が何よりの幸せ(^^♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。